ダイエット食品 蕎麦│ダイエット食品.com

ダイエット食品.com
サイトメニュー

ダイエット食品 蕎麦について

古くから日本人に食されている蕎麦は、穀物のソバの実を原料として作られている麺ですが、その栄養価の高さや、ダイエットや美容・健康にうれしい成分が多く含まれているために、ダイエット食品としても注目されています。
蕎麦のカロリーは、100グラムあたり約300弱キロカロリーで、ご飯(白米)お茶碗軽く1杯分とほぼ変わりませんが、アミノ酸スコアが白米や麺やパンなどの小麦粉の食品と比べ非常に高いところが特徴です。

アミノ酸スコアとは、食品たんぱく質の栄養価の評価指標で、たんぱく質の量と必須アミノ酸(メチオニン、バリン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン)の量と種類などのバランスを評価するものです。
アミノ酸スコアは、最高100で、アミノ酸スコアが100の食品は、理想的なアミノ酸バランスをもつたんぱく質ということになります。
蕎麦は、アミノ酸スコア90で、鰹節を使用した出汁などと一緒に食べると、アミノ酸スコアが100近くになる優れた食品です。

また、蕎麦に含まれているルチンという成分は、アンチエイジング効果が期待できるといわれているポリフェノールの一種で、毛細血管を強くし、脳内出血や動脈硬化、高血圧の予防効果があります。
ルチンはビタミンCと一緒に働くため、ビタミンCの吸収が良くなり、ビタミンCを含む食品と蕎麦を一緒に食べることで、美容・健康効果が期待できます。

ほかにも、脂肪・糖質の代謝をよくする働きのあるビタミンB群が、蕎麦には豊富に含まれていますので、ダイエット効果も期待できます。
なかでも、白米の4倍以上含まれているビタミンB2は、皮膚や粘膜を正常に保つ効果がありますので、美肌効果も期待できます。
また、そば粉には、白米の8倍以上の食物繊維が含まれていますので、つなぎの少ない蕎麦を選ぶとよいでしょう。


▲ページTOPへ

Copyright (C) Diet Food.com. All Rights Reserved.